ゲームや漫画やゲームサントラのレビューのようなものの寄せ集めブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
[タグ未指定]
かこむん蛇かこむん蛇
(1990/04/06)
GAME BOY

商品詳細を見る



蛇型のメカに乗り込み、相手の蛇型メカを囲んだら勝ち。
という単純ルールで出来上がったパズルともアクションとも言いがたいゲーム


蛇型メカは、1ブロックの頭と20ブロック程度の体を持っています。
この体の部分を利用して、相手を囲い、身動きを取れなくすれば、勝利です。

しかし、これが非常に難しい。
まず、この蛇型メカは、とまることが出来ません
常に前進し続けます。
更にプレイヤーが出せる指示は、左折と右折のみ。
ボタン2つでプレイできちゃう!!(後はアイテム使用ボタンもあるけれど)という利点こそありますが、この操作が難しい。
考えながら右折左折しないと、自分の体で自分自身を囲ってしまうという最悪の事態に達してしまいますというか、ほとんどこれで死にます
また、コンピュータのアルゴリズムが賢いので、思うように倒せません。というか、返り討ちに合う可能性のほうが高い
しかも、後半に出てくるコンピューターは、せっかく頭を囲んでも、尻尾に頭を移動させるという卑怯技を使ってくるので、また、大変です。

レベルが1~4くらいまで選べますが、単にゲームの進行スピードに差があるくらいで、アルゴリズムなどに差はありません。
コンピューターはレベル1であろうが、容赦なく、こちらを殺しに来ます。

更に、通常のAモードに加え、Bモードがあり、こちらは、フィールド上を弾丸が飛び回り、それに頭が当たると即死という、死亡要素が追加され、鬼の難易度。



ゲームとしては非常にシンプルで、ボリュームはほとんど無いのですが、その分、難易度を高くして、長く遊べるようにしているんでしょう。
難易度高すぎですけれども、理不尽というわけでもない(プレイヤーの頭脳次第)ので、頭を鍛えるのにプレイするのが良いかもしれません。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ff35.blog72.fc2.com/tb.php/619-0c891b1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。