ゲームや漫画やゲームサントラのレビューのようなものの寄せ集めブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
[タグ未指定]
水戸黄門II世界漫遊記水戸黄門II世界漫遊記
(1988/08/11)
FAMILY COMPUTER

商品詳細を見る



MitoKoumon201.gifMitoKoumon202.gif


やはり、タイトル画面から音声バリバリなのは前作譲りです。


ただ、ちょっと省略されていたり、早口だったり、容量の都合っぽいところもチラホラ…

前作
しずまれしずまれぇい!
この紋所が目に入らぬか!!
こちらにおわす方をどなたと心得る!
恐れ多くも先の副将軍、水戸光圀公にあらせられるぞ!
一同、頭が高い!
ひかえおろう!!

今作
しずまれしずまれぇこの紋所が目に入らぬか恐れ多くも先の副将軍、水戸光圀公にあらせられるぞ
一同、頭が高い!ひかえおろ!!

………焦りすぎです
しかも、喋っている間はコントローラーの操作が効きません……。喋り始めたが最後、喋り終わるまでゲームを進めることもできないのです
前作にあった「格さんが印籠を出すアニメーション」も無くなってます。
タイトル画面は、大幅パワーダウン



そして、変わりに大幅にパワーアップしたのが無茶な設定


タイトルの通り、今回の黄門様ご一行は、世界を旅することになるのです
アメリカ、ドイツ、インドなど、各国を巡り、各地の困った人を助けます。


言葉の壁が無い
江戸時代で世界を巡るなど時代考証的におかしい
そもそも外国人に印籠を見せ付けて効果があるのか


などなどツッコミどころ満載です。



一応、今作は、メインキャラを格さん助さんから選べますし、選んだ人によってストーリー進行が違ってくるなど、若干のパワーアップがみられます。
余談ですが、前作登場していた、お銀と又作は世界旅行に連れて行ってもらえませんでした

しかし、基本的なゲーム進行方法は、1と全く変わりありません。
苦労して情報を探して、悪人を退治する……の繰り返しです
マンネリ化したためか、スケールを大きくしすぎたためか、TBSから「これ以上はやめてくれ」と言われたためか、単に売れなかったのか、分かりませんが、水戸黄門シリーズは2で終わってしまいました
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ff35.blog72.fc2.com/tb.php/630-75f9feb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。