ゲームや漫画やゲームサントラのレビューのようなものの寄せ集めブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
[タグ未指定]
クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ園児クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ園児
(1993/07/30)
SUPER FAMICOM

商品詳細を見る


CrayonSFC01.gif


オープニングから
「しんのすけーちょっときてー」
「いけなーい」
「なにしてるのー」
「おえかきー」
「このおバカ!」
という当時のTVアニメのオープニングを音声含めて再現
改めてSFCの機能のすごさを知らされた作品。

上記のシーンを見たときは、「まさかフルボイスか!?」
とか思ってましたが、さすがにそこまでは無理でした。
でも、「お」「おぉ」「ホホーイ」「かあちゃんかあちゃーん」「たいへんだーたいへんだー」などの短くとも、しんのすけらしいボイスは用意されてます。

キャラとの会話やストーリーもアニメの通り。
このあたりは、ボイスもなく、オリジナリティこそ出してませんが、アニメの「クレヨンしんちゃん」の世界観を崩していません。


さてさて、このゲームはアクションゲームで、イベントごとにミニゲームが発生するパターンのゲーム。キッズ向けのキャラゲーにありがちなタイプですね。(プレイ当時、僕は立派な中学生でしたが……。)ゲームの難易度も低めで、ミニゲームも難易度低め。
ただ、ラストステージのミニゲーム・15パズルに苦労しました…。
(15ズル…ばらばらになっている15枚のパズルをスライドさせ、並びかえて正しい順番に直すパズル。FF1とかでもお馴染み。)
この15パズル自体はありふれていて、オリジナリティも何もなかったですし、僕も苦労したというのは、他のミニゲームでミスったことは一度も無いのに、この15パズルだけ何回もミスった(制限時間内にクリアできなかった)ために言っているのであって、2~3度もやるうちにクリアは出来たのですが…。

ですが、キッズに15パズルは、難易度高すぎでしょ!!
いとこの子はこの15パズルがクリアできずにクリアを断念してました。

ともあれ、キャラゲーとしては、アニメの雰囲気を生かしていて、非常に良く出来ていると思います。
アクション仮面が「このミニゲームに失敗すると、残りのしんのすけの数が1減ってしまうぞ!と、ミニゲームの説明をしてくれるのも、微妙に違和感があるような気がしますけれど……。
気のせいでしょうね、うん。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ff35.blog72.fc2.com/tb.php/647-15453d66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
アニメや原作が
2010/12/08(水) 14:07:50 | ゲーム攻略サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。