ゲームや漫画やゲームサントラのレビューのようなものの寄せ集めブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
[タグ未指定]
ドンキーコングドンキーコング
(1994/06/14)
GAME BOY

商品詳細を見る

donky002.gif


ドンキーコングはドンキーコングでも、こちらはゲームボーイ版のドンキーコング


当時は、ゲームボーイの衰退期(ポケモンがヒットしてゲームボーイの売れ行き復活するまでの間)で、知名度は非常に低いものでした。
また、スーパーファミコンでスーパードンキーコングが発売される時期と重なっていたこともあり、往年のドンキーコングファンでも、このドンキーコングの存在はかなり知られていませんでした



まずは、ステージ0。
おや、ミタコトアルゾこのステージ!!
そう、ファミコン版のドンキーコングそのもののステージです。
オリジナルのステージ1つとファミコン版とまったく同じステージ3つをクリアすると、ファミコン版と同じくドンキーコングが落下。
マリオがヒロインを救いだします。
ファミコン版ならここで終わり、ステージ1に戻るところですが、ゲームボーイ版では、ここでドンキーコングが復活。再びヒロインをさらっていきます。
ここからがゲームボーイ版ドンキーコングの真のスタートというわけです
ファミコンでは見たこともないようなステージが続々と始まります。
その数100面以上!!

なお、今作のドンキーコングはパズルアクションゲームです。
スイッチ操作や、扉開けなどのパズル部分と、
ロープのぼりや敵キャラ避けなどのアクション部分を統合したゲームになってます。
マリオ自身もパワーアップしていて、マリオUSAにあった敵やアイテムを持ち上げる能力はもちろんのこと、ハイジャンプや逆立ち、逆立ちジャンプなどの新能力を持っていますし、多少高いところから落ちても死ななくなりました
ファミコン版のドンキーコングとはプレイ感覚も操作方法もまったく違います。
まったく新しいゲームとして楽しむことができます。
任天堂が作ったパズルらしく、どのステージもよく考えられています。
画面が小さくて、どのステージもコンパクトなのが残念なところ


なお、このヒロインにはポリーンという名前がついてます。
アメリカ版のドンキーコングのヒロインにつけられた名前。
日本版・ファミコン版のドンキーコングのヒロインはレディという名前でしたが、改名されたようです。
ちなみに、ポリーンは以降のマリオシリーズには一切登場しません
初登場にして最後の出演というわけです。あぁ、悲しきマイナーヒロイン…。


無名なのが勿体ない出来です。
同じシステムのパズルアクションゲームが、「マリオVSドンキーコング」という新作でゲームボーイアドバンスから発売されましたが、誰の目から見てもまったくの新作に見えたそうです



ちなみに、スーパーゲームボーイ対応ソフト。
スーパーゲームボーイでプレイするとエンディングが変わるそうですが、あいにく僕はスーパーゲームボーイを持ってませんでした…。
そういえば、スーパーゲームボーイもゲームボーイ衰退期のカンフル剤として投入されたんですよね…
効果は………でしたが…。
コメント
この記事へのコメント
>JUNOさん
レス遅くなってすみません。
初代ドンキーコングは初期ファミコンソフトだけあって、シンプルですが、今ではちょっと味気ないところもありました。
こっちのドンキーコングは、パズルアクションで、今プレイしてもそれなりに楽しめるので、個人的にはこっちの方が好きです。
2010/11/27(土) 17:49 | URL | anywhere #-[ 編集]
普通のドンキーコングと勘違いして購入してしまいましたが、これはこれで面白かったです。
時間制限でよく死んだのを思い出しました。
メジャーな(普通の)ドンキーコングの方は逆にやったことがありません。。。
2010/11/24(水) 22:12 | URL | JUNO #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ff35.blog72.fc2.com/tb.php/651-06e8e08a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
Wiiに大人気ドンキーコングシリーズの
2010/12/10(金) 14:29:05 | ゲーム攻略サイト
久々の新作
2010/12/13(月) 14:34:04 | ゲーム攻略
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。