ゲームや漫画やゲームサントラのレビューのようなものの寄せ集めブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
[タグ未指定]
たけしの戦国風雲児たけしの戦国風雲児
(1988/11/25)
FAMILY COMPUTER

商品詳細を見る

TakeshinoSengokuFuuunji.gif

ビートたけしの名を使ったボードゲーム。
たけしの挑戦状とは違って、ビートたけしがプロデュースしたわけではないので、かなりまともなゲームになっております


内容としては、戦国時代を舞台としたボードゲームで、浪人から仕官して藩士になったり、藩士から昇格して殿様になったり、殿様になって全国を制覇したり、意外と盛りだくさん
ミニゲームで他プレイヤーと競い合ったり、金を稼いだり…。
数々のボードゲームを生み出したタイトーだけあって、普通に楽しめます

しかも、その時代時代によってできることが異なっていき、
浪人時代は、世界を巡ってアイテムや金を稼ぐボードゲーム
藩士時代は、殿様の命令をこなすミッションをクリアしていくボードゲーム
殿様になってからは、兵士を集めて戦争を起こす、戦国シミュレーションゲーム
驚くほど出来る事が豊富です。

更にビートたけしをはじめとしたお笑い芸人が大集合。
ダンカンやグレート義太夫などから自分の分身となるプレイヤーを選び
横山やすしが船頭をし、
ラッシャー板前がラブホテルを経営し、
大橋巨泉が鍛冶屋を営んでおります
もちろん、名前を使うと事務所にお金を払わなくてはいけないので、あくまでそっくりさんということになってますが。明らかに…。


ともあれ、このようなタイプのボードゲームは今にも昔にもこのゲームしかなく、今プレイしても、新鮮な作品として目に映ることでしょう。最新機種に移植できれば打倒、桃鉄も夢ではありません
唯一悲しむべきことには、タイトーには前述の「たけしの挑戦状」という前科があったために、このゲームがびっくりするほど売れなかったということです。名作の悲劇。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ff35.blog72.fc2.com/tb.php/671-58ddef79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
★Merry X’mas★ふたつでひとつのペアペンダント♪合わせるとメッセージが完成します♪【クリスマス限定!】...たけしの等々力ベース“男の浪漫”凝縮 ‎2010年12月10日‎ たけしが1億円以上を費やし、オリジナルに“改造”した世界
2010/12/14(火) 09:52:23 | ハッピィデイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。