ゲームや漫画やゲームサントラのレビューのようなものの寄せ集めブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
[タグ未指定]
ぎゅわんぶらあ自己中心派 CDだよ全員集合 激闘36雀士 【PCエンジン】ぎゅわんぶらあ自己中心派 CDだよ全員集合 激闘36雀士 【PCエンジン】
(1989/11/24)
ハドソン

商品詳細を見る


片山まさゆき氏の同名麻雀漫画のゲーム化作品。


いろいろな機種でゲーム化されてますが、僕が買ったのは、PCエンジン版でした。
麻雀のルールを覚えた手の頃で、当時の麻雀ゲームにしては珍しく、四人打ちの麻雀でした。

原作つきという、立派なキャラゲー麻雀ですが、登場するキャラクター数が30名を越え、物量作戦で物を言わせてます

しかし、どのキャラもそれぞれが、これでもか!といわんばかりの個性の持ち主で、
「闇雲にリーチするキャラ」
「染め手に走るキャラ」
「意味も無く鳴いてしまうキャラ」
「恐ろしいほどの強運を持ったキャラ」
「北家になったときだけ強くなる北家神拳の使い手」
などなど、原作のキャラクターの強力な個性を見事に活かし、独特のゲーム性を生み出しています
キャラゲーのお手本のような作りです。

また、変わった試みとして、好きな登場キャラをコーチにし、対局中にアドバイスをもらうこともできました。
これも個性が発揮されてました。


当時は原作をまったく知りませんでしたが、非常に楽しめました
片山まさゆきの麻雀ネタについていけない人にはオススメできませんが、心の広い方にはぜひオススメです。
原作のファンの方でもそうでない方もプレイしてみてはいかがでしょうか?

もっとも、このゲームをプレイしても、ちっとも麻雀の腕は上がりませんでしたが
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ff35.blog72.fc2.com/tb.php/672-c1f10e99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。