ゲームや漫画やゲームサントラのレビューのようなものの寄せ集めブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
[タグ未指定]
金田一少年の事件簿File(20) (講談社漫画文庫)金田一少年の事件簿File(20) (講談社漫画文庫)
(2005/04/12)
さとう ふみや

商品詳細を見る


case1「魔犬の森の殺人」について

ネタバレとまでは言いませんが、トリックの評価や登場人物への言及があるので未読の方はご注意を。




個人的には、漫画版「金田一少年の事件簿」で一番好きな事件です

まず、ストーリーで、読者を裏切ってくれます。もちろん、良い意味で。
コナンでは真似できない、思い切ったことを平然とやってくれる……そこにしびれます。あこがれます

そして、トリックに関しては、冷静に考えると、そりゃあ酷いものです
漫画ならではのご都合主義で現実味がちっともありません
これほど杜撰で偶然に助けられ、ファンタジーに包まれたトリックはシリーズでも稀です
ただ、そんな微妙なトリックでも、「謎は…すべて解けた…」「犯人はこの中にいる!」という金田一スタイルを用いると、もっともらしく見えるから不思議

さらに、今回の事件に、特別出演してくれた「世界のナベアツ」を特別扱いせずに、容赦なく殺害するあたりも、実に「金田一少年の事件簿」らしい


とまぁ、色々な要素がありまして、
金田一少年の事件簿 を象徴するにふさわしい、事件だったと思います。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ff35.blog72.fc2.com/tb.php/677-3284f81c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。