ゲームや漫画やゲームサントラのレビューのようなものの寄せ集めブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
[タグ未指定]
大空港 (1) (ジャンプ・コミックスデラックス)大空港 (1) (ジャンプ・コミックスデラックス)
(1999/06)
城 アラキ、野口 賢 他

商品詳細を見る


漫画「ソムリエ」の原作で名を馳せた「城アラキ」が、新たに原作を手がけた空港漫画。


新設の「京浜新国際空港」で巻き起こる数々のトラブル。
飛行機の遅れ、荷物の紛失、機器トラブル、いいがかりのクレーム……。
そんなトラブルを対処していく旅客会社のスタッフの姿を描いたストーリーです。


読んだ感想は、「さすがの城アラキ」
ソムリエに続く職業漫画ということで、職業に絡めた物語が中心なわけですが、どのエピソードも人間ドラマの形成が上手い。この上なくテレビドラマ向きの題材で、「ソムリエのテレビドラマ化に味を締めたな……城アラキよ……」と思わずにはいられませんでした。


また、作画担当が、週刊少年ジャンプで3度も打ち切りの憂き目にあって、少年ジャンプから追い出された野口賢というのも感慨深い。
彼のごつい線のキャラクターたちが、何気にストーリーにマッチして、泥臭い人情話でも、鼻につきません。
さすがは城アラキ再生工場(ソムリエの作画担当も週刊少年ジャンプで打ち切られて行き場を失っていた漫画家でしたし、現在も、また別の週刊少年ジャンプ打ち切られ漫画家を作画担当に据えて連載を進めています。)



と、まぁ城アラキをほめちぎるようなレビューになってしまいましたが、実に良くできた作品だったと思います。
少々地味だったのが惜しまれるところでしょうか。
結果として、ドラマ化されなかったどころか、未完のまま終了となってしまいました。要するに打ち切りです。作画の野口賢はデビューから4作連続で打ち切りという連敗記録を更新してしまいました。それなりに面白かったのですが、なぜ打ち切りに………?
野口賢に打ち切りの呪いでもかけられていたのでしょうか。それとも、城アラキが飽きたから?


ともあれ、最終7巻まで良質なエピソードが詰め込まれているので、どこから読んでも楽しめます。隠れた名作。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ff35.blog72.fc2.com/tb.php/688-a229c1c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。