ゲームや漫画やゲームサントラのレビューのようなものの寄せ集めブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
[タグ未指定]
SFCのキャラゲーってキワモノが多い気がする。




「スーパーファミコン」
「RPG」
「ジョジョの奇妙な冒険 第三部」

当時の黄金の三本柱が交わって完成したのがこのジョジョの奇妙な冒険


そして、まったく人気も知名度もでなかったという、ある意味で伝説のゲーム。



というのも、原作の第三部が非常に適当に再現されていて、でてくるキャラクターこそ原作と同じですが、ストーリーなどが、ゲームの都合で、ご丁寧に改変されており、原作ファンを大いにがっかりさせているのです


そして、中途半端にRPG色を出したせいで、
「勇気のチェーン」
「愛のピアス」

などの、原作にはまったく関連の無い装備品が登場
ボスは、戦闘中に調べるコマンドでキャラが攻略法を閃かないと勝てません。
RPGなんぞに仕立て上げたツケがこうやって帰ってくるなんて。

あと、当時流行っていた(ような気はしませんが)、バイオグラフをゲームに使い、キャラの運勢で強さが変化するシステムも採用
もっとも、トイレで用を足すとストレスが解消されて、バイオグラフも最善の状態に戻るんで、意味は無いのですが


ゲームシステムを見ても、面白みが無く、
原作も無視しているので、
普通のゲームプレイヤーも、ファンも非常に嘆くことになったゲームです。
ネタとしては最高のゲームですが。

あと、このゲームにはミドラーが登場します
顔つきで
ですが、ノーコメントッ!
あんな不細工な顔だったなんて!!




ある意味黒歴史。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ff35.blog72.fc2.com/tb.php/70-3be5b915
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。