ゲームや漫画やゲームサントラのレビューのようなものの寄せ集めブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
[タグ未指定]
ブリザードアクセル 1 (少年サンデーコミックス)ブリザードアクセル 1 (少年サンデーコミックス)
(2005/07/15)
鈴木 央

商品詳細を見る


フィギュアスケート物のスポーツ漫画。


主人公の北里吹雪は、家庭環境に恵まれず、喧嘩に明け暮れる毎日。
なぜ、喧嘩をするのか?それは彼が両親に愛されない反動から「人から注目を浴びたい」という想いが募り、喧嘩で注目を浴びようとしていたからであった。
しかし、そんな彼が出会ったのが「フィギュアスケート」……人々から注目され喝采を浴びるスポーツであるフィギュアスケートが彼の人生を変える……。



そんな話。
元は読みきり漫画でしたが、人気だったので、連載となりました。読みきり時代とは、タイトルである「ブリザードアクセル」の意味が違っていますが、読みきりの話を覚えている人もほとんどいないと思われますので、問題ないかと


さて、レビューに移りますが……。
成長スポーツ物としては、1つ1つ丁寧にエピソードが連ねられていて、
スポーツとの出会い、仲間との出会い、コーチとの出会い、ライバルとの出会い、トーナメントあり、団体戦あり、強敵あり、成長あり、ラブコメあり………。
スポーツ物として必要な要素はほとんどすべて注ぎ込まれています
もっとも、その分、従来のスポーツ漫画と一線を隔すほどのインパクトはありませんが、安心して読むことができます。

5巻くらいまでが神展開
ただ、それ以降はちょっとマンネリ気味になってしまいます。
というのも、フィギュアスケートというスポーツは、技術と表現のスポーツ。
表現は漫画的にも伝わりますが、技術というのはその凄さが漫画ではわかりにくい。
かといって、見た目に凄い技を連発すると、インフレになってリアリティに欠けてしまいますしね。

仕方ないので、高度な技術が出ると、解説の人が、その凄さを説明してくれます。
ただ、その説明も、
「これは非常に難しい技!!」
「こんな難しい技を使うとは……」
と、「難しい」「難しい」の連呼

それでは、凄さが伝わらないということで、
今度は、凄い技を見たライバルや観客が、オーバーなリアクションを取るのです
例を挙げるなら、顔が崩れたり、眉毛が伸びたり……。
アニメ版「ミスター味っ子」の「味皇」や、「焼きたてジャぱん」のリアクションを思い浮かべていただければわかりやすいかもしれません。
とにかく、リアクション重視のコメディ漫画になってしまうのです
これはこれでオリジナリティあるスポーツ漫画と言えるかもしれませんが、スポーツ漫画としての面白味とはかけ離れてしまう諸刃の剣。結局、その後、話は収束し、3年程度で連載は完結するわけですが、これは、作者の技量というよりも、フィギュアスケートという漫画としての表現が難しい題材に問題があったといえるでしょう
逆に、スポーツ漫画として成立させにくいフィギュアスケートという題材をここまで面白い長期連載作品に昇華させたことは賞賛に値するでしょう


パッと見は、その凄みがわからないかもしれませんが、かなりの大作だと思います。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ff35.blog72.fc2.com/tb.php/713-dbdfbde4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。