ゲームや漫画やゲームサントラのレビューのようなものの寄せ集めブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
[タグ未指定]
忍者ハットリくん忍者ハットリくん
(1986/03/05)
FAMILY COMPUTER

商品詳細を見る


ハドソン史上、最高の売り上げ本数150万本を記録した大ヒット作。しかし、その実態はキャラクターゲームでした。


ゲームシステムはいたって簡単。
「画面左端からスタート。右にスクロールさせてゴールに入る」
という、当時ありふれていたスーパーマリオパターンのステージ構成。
ハットリくんが題材ということで、敵を倒して巻物を取り、忍術を獲得。忍術を駆使してステージを進んでいくという戦略が必要になってきます。

たとえば、
・空を飛ぶ「ムササビの術」
 一歩間違えて落下すれば即死する谷間ステージでは重宝しました。ってか、敵の上空を飛び、敵の攻撃を無視して進めるので無敵です
・水上歩行ができる「水ぐもの術」
 一歩間違えて落下すれば水没して即死する池ステージでは重宝しました。ってか、この術を活用させるために池ステージ作ったでしょ!!
・一定時間、敵の動きを止めてしまう「金縛りの術」
 金縛り中の敵に触れると、動けなくなり、ハットリくんが即死するという罠がありましたが、戦闘を回避したり、動き回る敵の動きを止めて撃破したり、使い勝手は良好。
・一定時間、敵からの攻撃を一切受けない「霧がくれの術」
 まさに無敵。
 ってか、無敵になりやすいゲームだよなぁ。

などなど。

これらの術は一部です。
いろいろな術があり、その術を駆使することで、敵を倒したり、かわしたり、障害物を乗り越えたりして、ステージをクリアしていきます。
このようなゲームシステムは、まさにハットリくんにぴったりでした。単なるキャラクターゲームにとどまらず、キャラクターとそのゲーム性を見事に兼ね合わせた良作だったといえます。


ただ、ちくわ一本を取って20点とかなのに「黄金のハットリくんで高橋名人撃破!400万点ボーナス!」とか、途方も無い得点のインフレを引き起こしたりして、「やっぱりハドソンのゲームなんだ」ということを再認識させてくれます。大味にもほどがある。

でも、全体的に見ても本当に良作です。
今でも色あせていません。ハドソンは、ぜひリメイクを。
コメント
この記事へのコメント
「アルルの女+天国と地獄+ハットリくん主題歌」の融合ぶりが良かったですね。違和感がまるでないという。

僕も術は使いこなさないとクリア出来ません。池や空が鬼の難易度。
2011/01/17(月) 05:09 | URL | anywhere #-[ 編集]
BGMもクラシックとハットリ君のテーマのリミックスで神です。
私は術の意味がわからず池ステージで落下しまくって断念しましたが。
2011/01/16(日) 21:22 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ff35.blog72.fc2.com/tb.php/721-ff370b3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。