ゲームや漫画やゲームサントラのレビューのようなものの寄せ集めブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
[タグ未指定]
仮面の忍者 赤影仮面の忍者 赤影
()
不明

商品詳細を見る


Akakage0001.gifAkakage0002.gif

元は横山光輝先生原作の同名の漫画でした。
古き時代に実写ドラマ化されたこともありました。
「RED SHADOW -赤影-」というタイトルで映画化されたこともありました。
このゲームが発売された頃には、アニメ化もされていました。
体の良いタイアップ作品ですね
よくあるキャラゲーです。


キャラゲーというだけで、キャラクター人気頼りでゲーム性がおろそかになりがちなのに加え、製作会社が屈指のキャラゲーメーカー「東映動画」なので、もうプレイする前からおなかいっぱい。

横スクロールのアクションゲーム。
主人公の赤影以外にも、青影、白影が使用可能。
3人全ての能力が違っていたり、術が豊富にあったりと、こだわりが見えますが、いかんせんゲームセンスに欠けまくり

見た目はジャンプ力が落ちた「影の伝説」
術の感覚は、術の種類とバリエーションが減った「忍者ハットリくん」
どちらとも、このゲームより先に発売された忍者ゲームですが、それに及びません

これでは、キャラゲーはクソゲーとか言われても仕方ありませんよ

では、ゲームとして魅力が全くないかとそうでもありません。
それなりにボス戦があるのが、過去の忍者ゲームより優れているところです。
巨大なボスが迫るステージなんかは、白熱します
特定の術や攻撃方法でしか倒せないボスもいますから頭を悩まされることもたまにあります。

ただ、あんまりにボス戦に力を入れたのか、
「ステージの途中でやられると、その前のボス戦にまで戻される」
そんなステージ構成になっていることが……。

苦戦の末、ボスを倒して、さぁ次のステージ。
でも、ボスとの戦いで体力が少なくなってたんで死んじゃった。
仕方ない、気を入れなおして頑張るぞ!
と、思いながら、赤影が復活した場所は、さっきのボスの目の前
復活と同時にボス戦が始まります。
リスタート地点がボス戦とかってあんまりですよ。
せめて、ボス撃破後のところまでにしといてくださいよ

あぁ、フォローできてない
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ff35.blog72.fc2.com/tb.php/724-83542032
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。