ゲームや漫画やゲームサントラのレビューのようなものの寄せ集めブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
[タグ未指定]
女王騎士物語 1 (ガンガンコミックス)女王騎士物語 1 (ガンガンコミックス)
(2004/01/22)
下村 トモヒロ

商品詳細を見る



「少年漫画あるある」「ファンタジー漫画あるある」「RPGの設定あるある」を重ねあわせたら、こんな漫画が生まれました。


あれも見た、これも見た、というありがちな展開が連なり、
よく言えば、期待を裏切らない。安心して読める。
悪く言えば、予想を裏切らない。展開が読める。

そんな内容になっています。

・主人公がヒロインに一目惚れして、それに近づきたくて職業を決める
・いろいろな課題が盛り込まれた実戦的な選抜試験が開催される
・主人公に秘められた力がある
・仲間の一人が魔道に堕ちる
・ツンデレなお嬢様に惚れられる
・武器が特殊能力を授けてくれる
・死んだと思ったら生きてる
・仮面をつけて正体不明(だけど、実際はバレバレ)のキャラが助けてくれる
……などなど、数えればキリがありません。というか、全てが「あるあるネタ」です

これを王道ストーリーとして許すか、オリジナリティがないツギハギストーリーと批判するかは人それぞれだと思います
個人的には、後者の印象です。ベタベタすぎるストーリーに、そこまで面白味を感じませんでした。
ただ、
・お金の単位「カネー」
・主人公がいた村「トアル村」
・貴族の家系「キゾーク家」
・頭が特徴的な男「リプリー=ウンコプ」
・超必殺技「スクウェア・フェニックス」

……などなど。こんな作者のセンスのなさすぎなネーミングセンスが、逆に面白くて印象に残りました。まぁ、洒落たネーミングセンスをしないで、あえてダサい名前を付けているんだと思いますけどね。


オリジナリティがないのがオリジナリティという不思議な漫画です。
ちなみに、最終回は「打ち切り漫画あるある」で終わりました
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ff35.blog72.fc2.com/tb.php/735-348baf72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。