ゲームや漫画やゲームサントラのレビューのようなものの寄せ集めブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
[タグ未指定]
空想科学世界 ガリバーボーイ 【PCエンジン】空想科学世界 ガリバーボーイ 【PCエンジン】
(1992/12/18)
ハドソン

商品詳細を見る


元々はアニメなどとメディアミックスして展開していこうとしていた「空想科学ガリバーボーイ」
PCエンジンで発売された、このRPGもその一環です。


ガリバーボーイというのは、大航海時代+高度機械文明 を織り交ぜたような世界が舞台。ラピュタとか、紅の豚とか、ハウルとか、ジブリがすごく好きそうな世界
そして、主人公はガリバーという冒険にあこがれる少年で、お供に好奇心旺盛な博士タイプの少年エジソンを連れて、旅をしていくというストーリー。

このゲームの特徴といえば、なんと言っても、「Huビデオ」という特殊映像方式による独特のアニメーション。
これにより、秒間のコマ数が上がり、従来のPCエンジンのカクカクが限界だったアニメーションに比べて、より滑らかなアニメーションをすることができるようになりました

また、RPGに貿易のシステムを取り入れ、貿易をすることでお金をがっぽり手に入れることができます!!



当時は大絶賛されていたこのゲーム…………でしたが、どうも僕には受け入れられなかったのです。
というのも、船に乗って冒険をしながら貿易でお金を稼いでいく……って、まんま光栄の「大航海時代」にあった話です
それだけじゃパクリになっちゃうから、戦闘を追加したようにしたとしか思えない……。
それでいて、貿易が楽しいかと言われれば、立ち寄れる街の数が大航海時代よりもはるかに少ないので、やりがいが少ないです。
そして、貿易でお金を稼ぐには越したことが無いのですが、戦闘でお金が手に入らない。つまりは、この貿易でお金を稼がざるを得ないのです。強制的に貿易をやらされている気がしてならないのです。
「大航海時代2」の貿易をメインで進めるシナリオは、最初から最後まで貿易をするだけでよく、戦闘なんかする必要ありませんでした
極端な話、戦闘いらない
でも、それじゃRPGにならないので、仕方ないのですがね。

前述のアニメーションにしても、圧縮の関係か、画質が非常に悪い……。そして、容量の関係か、アニメサイズも画面全体の3分の1くらい。
確かに滑らかだけれど、綺麗とは言い難い……。
結局、このアニメーションのシステムも、ガリバーボーイくらいでしかお目にかかれないまま、PCエンジンの歴史が幕を下ろしました。(まぁ、このゲーム自体が、PCエンジン史のかなり末期のゲームなんですけれど)

ということで、個人的にはちょっと苦手なRPGでした。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ff35.blog72.fc2.com/tb.php/739-713cca90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。