ゲームや漫画やゲームサントラのレビューのようなものの寄せ集めブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
[タグ未指定]
先に言っておきます。痛い人じゃないです。立派な人ですよ。




「エメラルドドラゴン」などのイラストレーターとして活躍していた木村明広が監修という立場で手がけたPCエンジンソフト「アルナムの牙」 !
そのサントラです。

ゲームの中で使われていた主要な曲はアレンジとして収録
そうでない曲もメドレーアレンジとして収録。
全曲原曲重視アレンジの豪華仕様です。
そして、新曲も追加。
なんと新曲には監修の木村明広の歌つき!!
ノリに乗っちゃってますね、木村さん。
なかなか歌にまで参加しようとする作者さんはいないですよ。
新曲ってことは、作者の歌が一曲、ゲームに関係なく収録されているだけなんですけれど。


………で、この新曲聴いて見ると………

……………………あれ? 
なんで参加しちゃったんでしょう。歌唱力も普通くらいなのに……アイドル気分?
作者が、「シングルで出しても売れないから、ゲームのサントラに混ぜてドサクサにして世の中に発表してしまえ!!」って魂胆だったのかな……とか思ったり……………………いやいやいやいや、思ってませんよ!!僕は!!
(某FF6スタッフ全員が歌うオリジナル曲とかもありましたしね)
正直、新曲は、ボーカルレスバージョンが欲しかったです。

もうその新曲だけでお腹いっぱいだったんですけれど、他にもゲーム中の曲が大量に入っていて実にお得。

メドレーアレンジは豪華なんですけれど、どれも小粒な印象でインパクトに欠けています。
「Goea」とか出だしはイースっぽくて良かったのですけれど、30秒くらいで全然別の曲になってしまいます。メドレーの悲しいところ。
どちらかといえば、単体アレンジの方がよく出来てます。「Prolouge」とか。
でもやっぱり、ボーカル新曲のインパクトがでかすぎる





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ff35.blog72.fc2.com/tb.php/76-afe89c03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。