ゲームや漫画やゲームサントラのレビューのようなものの寄せ集めブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
[タグ未指定]
爆笑人生劇場3爆笑人生劇場3
(1991/12/20)
FAMILY COMPUTER

商品詳細を見る



BakuJinsei301.gifBakuJinsei302.gifBakuJinsei303.gif



大体、ゲームの3部作というのは、
1で、ゲームの下地を作り、
2で、ゲームの完成度を高め、
3で、マンネリ化する

というのが筋でして、
この爆笑人生劇場や、ワギャンランドチャイニーズランドなどが例にあげられます。


そんなネガティブな前置きはさておき、この人生劇場3では、2に比較して格段にルートが増えました
以前は「よく遊ぶ/よく学ぶ」 だったような分岐も、「進学コース/部活コース」で、さらに理系/文系 の区切りができたり、コースの途中で挫折して進学コースから帰宅部コースへ変更を余儀なくされることもあったり、途中で海外にでかけて一攫千金を狙う別マップがあったり、とりあえずボリュームが大幅に増えました
さらに、ボリュームのアップぶりは、ミニゲームにもおよび、受験などの試験イベント用にクイズゲームが用意されているのです


ただ、前作に比べ、1位で進むことが非常に有利になりました。
各ルート(小学校編や中学校編という区切り)で1位になると、賞金がもらえるだけでなく、パラメーターまでアップします
これは、1位で早く通過した分、じっくり進んでいる人よりもパラメーターや恋愛度のアップイベントが少ないことに対する調整なんでしょうけれど、それにしても優遇されすぎです。
序盤で連続1位通過されたら、なかなか後半では追いつけません

この辺は、もうちょっとバランスを考えて欲しかったと思います。
でも、全体的に完成度は高いです。
とはいえ、2から完成度は高く、基本的なシステムはまったく変わってないです…。

以降、SFCにプラットフォームを移しましたが、やはり、マンネリ化から逃れることは出来ませんでした
ゲーム作りって難しいのね…。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ff35.blog72.fc2.com/tb.php/767-0c9ef055
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。