ゲームや漫画やゲームサントラのレビューのようなものの寄せ集めブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
[タグ未指定]
赤い部屋の殺意―理央の科学捜査ファイル〈2〉 (富士見ミステリー文庫)赤い部屋の殺意―理央の科学捜査ファイル〈2〉 (富士見ミステリー文庫)
(2001/05)
夏 緑

商品詳細を見る


一時期エニックスで推理コミックの原作をやっていた夏緑先生による推理小説。
富士見ミステリー文庫という文庫シリーズで発売されています。


正直、富士見ミステリー文庫という存在すら知りませんでした。
で、調べてみたところ、ミステリー文庫といいながら、全然ミステリーと関係ない小説ばかりの文庫だということが判明しました。挙句の果てに「真・女神転生3ノクターン アンソロジー」なんかも富士見ミステリー文庫として販売されてます。
詐欺だろ!?

そんな富士見ミステリー文庫の中で、ちゃんとしたミステリーをやっているのがこの夏緑先生
ちゃんとミステリ小説をやってるのに、なぜか浮いてる存在になっていたり…


さて、富士見ミステリー文庫の話はさておき、

この作品シリーズは、中学2年生の檜山理央という少女が主人公。桐生冬樹という医大生とともに事件を解決していく(というか、桐生さんがメインで解決してくのですが…)そんなミステリ小説です。

作者の夏緑さんは大学の理学部を卒業したこともあって、理系トリックの猛者。過去にさまざまな科学を使ったトリックを駆使した小説を書いており、今回も科学の髄を尽くしたトリックが登場します。科学ネタは、ちょっと難しめの話になるのがたまに傷ですが。
タイトルからして「科学捜査ファイル」なので、当たり前といえば当たり前です。

その一方で、夏緑作品に出てくるキャラクターたちはちょっと現実にはいなさそうな美男美女たち。端的に言ってしまうと二次元っぽいキャラクターです。
(単に文庫の表紙・挿絵に使われるイラストレーターのイラストの特徴と言えなくもないですが)

このリアリティある科学と、バーチャルなキャラクターとの二つを混ぜあわせるのが夏先生の得意技で、今回もそれはバッチリ組み合わされてます。

特に桐生さんの美形ぶりは容赦ありません
主人公の理央の視点から物語が描かれていることもあって、美形描写が随所に見られます。


ぱっと見て、ちょっとオタッキーな本に見えますが、中身は普通にミステリしてますので、安心してご覧ください。
なお、このシリーズは全3巻が発売されていて、この作品は2冊目にあたります。



※ストーリー等にまったく触れていませんが、ネタバレに配慮したということで…。



しかし、夏先生のミステリは何でいつもこんなマイナーな文庫でしか発売されないんだろ…

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ff35.blog72.fc2.com/tb.php/785-4bb284da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。