ゲームや漫画やゲームサントラのレビューのようなものの寄せ集めブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
[タグ未指定]
街~運命の交差点~ サウンドノベル・エボリューション3街~運命の交差点~ サウンドノベル・エボリューション3
(2002/04/04)
PlayStation

商品詳細を見る


実写写真+音楽+小説のゲームです。メインストーリーは8つあって、それぞれの主人公は別です。
しかし、その8つのストーリーは全く同じ時間、同じ街を舞台にしていて、複雑に絡み合ってきます。
それがこのゲームのポイント。
この絡み合いを解いていかないとゲームはクリアできません。


一人の主人公のストーリーを読んでいくと、突然「ゲームオーバー」や「つづく」になってしまいます。 これは、他の主人公のストーリーの中で出てくる行動(選択肢)を変えることによって回避したり、他の主人公のストーリーの途中から、ZAPING ( Aという主人公のストーリーの途中からBの主人公のストーリーに移るシステム )を使って移動してやる必要があります
RPGでいえばFF6のラストダンジョンみたいな感じです。

これがあるから、一人の主人公のを読み進めたいがために、他の主人公を読み進めるという不思議な現象が生まれます。しかも、どのストーリーもなかなか読み応えがあるので、ついついその他の主人公のストーリーを読み進めてしまいます。すると、結局その主人公もストーリーが詰まるので、また別の主人公を読み進める…という同道巡りが行われるのです。

これがまた面白い。


また、ゲーム中に出てくる解説文もなかなかのものです。
ゲームの中の文章中にこのようなリンクのようなものがはってあるのですが、これが多種多様。
クイズや、たわいも無い戯言、用語解説から、裏話まで様々。

しかも、こともあろうか、用語解説に、民明書房みたいな大嘘話まであります。わざとですが。しかし、これが曲者で、かなり紛らわしいものもあります。危うく、知ったかぶって話すと恥をかいてしまうので注意

出演している役者さんはマイナーな人が多いですが、はまると、TVを見て「あ、この人は、『街』に~~役で出演していた人だ!」と思い浮かべてしまいます


何はともあれ、このゲームの面白さは話の面白さ。気軽に楽しめるようでなかなか濃い内容なので結構楽しめます。
ゲームとして楽しむならサターン版、気軽に楽しむなら難易度低めのプレステ版をプレイすると良いでしょう。



どうでもいいけど、中村光一も出演してるのね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ff35.blog72.fc2.com/tb.php/793-c79584c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。