ゲームや漫画やゲームサントラのレビューのようなものの寄せ集めブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
[タグ未指定]
428 ~封鎖された渋谷で~428 ~封鎖された渋谷で~
(2009/09/17)
Sony PSP

商品詳細を見る


あの名作・「街」から10年。
渋谷を舞台にしたチュンソフトの実写サウンドノベルが帰ってきました。


ファンから街の続編の要望が上がる中、
 街は超名作なんだから、どうせ続編を出しても劣化版になるんだし、別に出さなくていいよ
と思っていたのですが。
正直、スマンかった!「街」と並ぶ、いや、それ上の名作でした。
ファミ通のクロスレビュー40点も、コネや賄賂じゃなかった


まず、素晴らしきは演出。
刑事ドラマ的な演出が随所に見られ、ゲームに引き込まれます。
オープニングの空撮見ただけで「これは絶対面白いだろ……」と予感できてしまうくらい完成度が高いです

そしてそれに負けない脚本
ある1日、渋谷の街で起こった事件。それを複数の主人公の視点から描いていく……というのがこのゲームのシナリオです。
主人公達は、フリーターだったり、刑事だったり、ジャーナリストだったり、気ぐるみだったり……と、多種多様。そして、性格も考え方も全く違えば、取る行動も全く別物。シナリオもそれぞれ単独で用意されていて、共通しているのは渋谷が舞台なことくらいです。
しかし、その一見つながりがなさそうに見えるシナリオが、最終的には絡みあって1つの結末につながる……その展開が実にドラマティックです各主人公のシナリオごとにストーリーが盛り上がっていき、最後に弾ける……そんな極上の脚本なんです

そして、そんな脚本を活かすために生まれた「KEEP OUT」のシステム。
脚本が良いだけならゲームじゃなくてそれこそテレビドラマでも充分成り立ちます。そこにゲーム性として取り込まれているのが「KEEP OUT」。1人の主人公だけでシナリオを進めていると、いいところで「KEEP OUT」となり、シナリオが中断します。他の主人公のシナリオを進めていくことでその「KEEP OUT」を解除、先のシナリオを読むことが出来るようになります。これにより、複数の主人公のシナリオを同時進行させることに意味を持たせています。
複数の主人公のいろんな角度からシナリオを運ぶことで、結末を盛り上げていくのです。
「街」は、複数の主人公のシナリオが絡み合いますが、それぞれが別の結末にたどり着きます。それはそれで個性が出ていて良かったと思います。
しかし、この1つの結末に収束するという手法は、幅は広がりませんが、盛り上がります。何気に「真・END」とかもありますし。
もちろん、シリーズ恒例の「BAD END」も期待を裏切らない面白さ。

そして、音楽もまた素晴らしい。
脚本に負けていません。印象的なキャラクターたちを象徴するような曲や、臨場感のある曲が豊富で、シーンを盛り上げます
音楽を聴くだけで数々の名シーンが脳裏に浮かびます


と、サウンドノベルの三本柱。
「映像」「脚本」「音楽」の全てが極上の一品です。
そりゃあ面白いはずです。

まぁ、ボリュームが少なかったりとか、入り方が異常に面倒な隠しシナリオがあったりとか、隠しシナリオが途中から読めなかったりとか、PSP移植にあたっての追加シナリオとかないのかよ!とか、不満が全くないわけではありませんが、それでも素晴らしいということに変わりありません。

これを越えるサウンドノベルってのは、しばらく出ないと思います。「街」をプレイした時にもそう思ったけれど。
これくらいのレベルのサウンドノベルが楽しめるなら、また10年待ってもいいです
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ff35.blog72.fc2.com/tb.php/798-ca901cb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。