ゲームや漫画やゲームサントラのレビューのようなものの寄せ集めブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
[タグ未指定]
クインティクインティ
(1989/06/27)
FAMILY COMPUTER

商品詳細を見る



quinty001.gifquinty002.gif

床のパネルをめくるという単純アクションに無限の可能性を見出した名作アクションゲーム
主人公ができるアクションといえば足元のパネル床をめくるだけ。
これだけですが、多彩な敵キャラ・巧みなステージ構成によって、様々なステージを楽しめます。
ポケモンを作ったゲームフリーク・田尻智のデビュー作でもあります。


ゲームの内容ですが、
床をめくって、敵を転ばせ、壁に激突させれば敵を倒せます。
全ての敵を倒せばクリア。
ルールは単純ですが、奥が深い。

まず、敵にいろいろな種類がいます。
単純に主人公に近づいてくる奴。
ジャンプして、こっちのパネルめくりをかわす奴。
パネルを勝手にめくって妨害する奴。
プレイヤーの動きをマネする奴。
パネルに落書きして、モンスターを召喚する奴。


特にモンスター召喚の敵は、半端じゃなく手ごわい。
倒しても倒しても次から次へと召喚するのでキリが無い。
そして、落書きされたパネルはめくれなくなるので、プレイヤーの行動が著しく制約されます。
強すぎます。ラストステージのボスより厄介

更に、床をめくると出てくるパネル、これもいろいろと豊富。
100枚集めると1UPする星パネル
ステージ中のパネルを全てめくる太陽パネル。
タイミングさえ狙えば1UPできるルーレットパネル。
敵を召喚してしまう召喚パネル。
特に召喚パネルは厄介。敵を全滅させたと思っても、このパネルが残っている限り、何度でも敵は出現します。
「やった、敵を全滅させた!ステージクリアだ!
 よーし、この間にパネルをめくってアイテム回収しちゃうぞー!」

なんて思ってパネルをめくった途端に召喚パネルが出現すると、有無を言わさず敵が出現。ステージクリアの音楽が消え、ステージ内に逆戻り。

この敵とパネルがうまく組み合わさって、多種多様なステージを拝めます。
何面進んでも新鮮なステージを味わえます。
ステージは8つ(以上)のエリアに別れていて、エリアの最終ステージではボス戦があります。
更に、2人同時プレイも出来ます。

面白さの要素がふんだんに盛り込まれた傑作です。
ただ、見た目の可愛らしさに似合わず、恐ろしいほど難易度が高いです
画面右下のほうのエリアは。
ラクガキしてくる敵のエリアとか正気の沙汰とは思えません
絶対クリアされたくないだろ……田尻ぃ。

絶望的な難易度に何度コントローラーを投げ出したか……。
でも、面白いからついつい何度も遊んじゃうのさ

(なお、敵やパネルの正式名称が分かっていないので、アバウトな表現になっております。ご了承ください。)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ff35.blog72.fc2.com/tb.php/799-91dd2f23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。