ゲームや漫画やゲームサントラのレビューのようなものの寄せ集めブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
[タグ未指定]
これは、四人将棋のTVゲーム化作品です。




その前に、まず四人将棋というのを説明すると……。
使うのは普通の9×9の将棋盤。
で、その四側に

□□□歩□□□
□□歩飛歩□□
□銀金王金銀□

と配置。
で、四人で将棋をします。
コマの進み方は普通の将棋と同じ。
時計回りに順番が回り、王手がかかったときは、他の人の順番を飛ばして王手をかけられた人に順番が移動。
もちろん、詰みになると負け。
詰んだ人の王はその場に残り、詰んだ人の盤上の持ち駒は詰ませた人の駒に変わる。

簡単に言うとこんな感じです。
詳しくは、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9B%E4%BA%BA%E5%B0%86%E6%A3%8B
をご覧下さい。

で、それをTVゲーム化したのが、この「四人将棋」
この四人将棋があれば、わざわざ将棋の駒を2セット用意する必要もありません。(変わりにテレビとソフトとスーファミと電力供給が必要ですが)
対戦相手が四人いなくても大丈夫。

四人将棋で一番のネックである、四人いないとプレイできないデメリットを回避できるのは大きなポイントです。
小学生の頃、何度か遊んで、それ以降遊ぶことの出来なかった四人将棋がこうして一人でもプレイできたのは感動でした。
CPUもいろんなキャラがいますし、タッグマッチもできます。
実に嬉しい配慮。このソフト一本で四人将棋の全てを味わえると思います。

ただ、四人将棋専用のソフトというのは……ボリュームに難が……。
普通の将棋ソフトにおまけで付いてるくらいが丁度良かったのではないかと…。





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ff35.blog72.fc2.com/tb.php/82-e620d00d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。