ゲームや漫画やゲームサントラのレビューのようなものの寄せ集めブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
[タグ未指定]
ファイナルファンタジーVIIIアルティマニア (SE-MOOK)ファイナルファンタジーVIIIアルティマニア (SE-MOOK)
(2004/06)
Studio BentStuff

商品詳細を見る



「アルティマニア」シリーズの原点。
それまでは「解体真書」というシリーズで発売されていました。


アルティマニアの特徴といえば、脅威のページ数。フルカラーで厚みのある用紙を使っているとはいえ、辞書並の分厚さです
頑張れば撲殺の凶器にできます

そしてマニアさ
普通の攻略本にはないようなコラムや、やりこみ指南、製作スタッフへのインタビューなど、盛りだくさんです。

また、1冊で全ての情報が網羅されているのもありがたい
FF3~6の攻略本は複数冊の分割構成になっていたため、小さな書店や古本屋で片方しか並んでおらず1度に揃えられないこともありました。
そんな不都合も、1冊にまとめられて、スッキリ解消!


これだけの厚みがあれば、どんなゲームの内容でもカバーできるだろ……と思ったのですが、最近のFFでは1冊に収まりきらず、「バトルアルティマニア」「シナリオアルティマニア」「アルティマニアオメガ」の3冊セットというボリュームになっています。FF8のアルティマニアと同じ厚みが3冊です。圧倒的ボリューム!お値段も3倍!
まぁ、もう少し構成をやりくりすれば2冊くらいに収まると思いますが。
てか、アルティマニアが2冊以上の構成になっているのって、FFシリーズくらいですし……。他の作品はどれだけボリュームがあっても1冊にまとめられているのだから、FFシリーズだって1冊にできないことはないと思うのですけれどまぁ金づるだから仕方ないか


閑話休題。
やはり1冊ですべてが網羅できていた、この頃のアルティマニアが一番使いやすかったのは事実です。
攻略本としても、読み物としても楽しめる、最初にして最高峰のアルティマニア
このアルティマニアで「バトル計」の取り逃しに気づいて途方に暮れたのは、一生忘れません
コメント
この記事へのコメント
あれれ、ちゃんと武器としてあったんですか!

実を言うとFF3.5は未完成のときに遊んでいて、バージョンアップを間違えてゲームが進まなくなり、そのうちVistaに移行してしまったのでクリスタルタワーまでしか遊んでいないのです。

やっぱりアルティマニアはFFですよね。
アルテマというだけあって。
2011/07/03(日) 22:41 | URL | JUNO #-[ 編集]
Re: タイトルなし
>JUNO氏
返信、遅くなりました。

隠し武器も何も普通に出してたりw>アルティマニア

やはり、「FFの本」といえばアルティマニアですよね。FF15あたりは全5冊構成とかになってそうです。
2011/07/03(日) 09:07 | URL | anywhere #-[ 編集]
> 頑張れば撲殺の凶器にできます。

FF3のがくしゃの隠し武器に「アルティマニア」が出てきそうですねw

FF3.5を改訂する機会があったら隠し武器にどうですか?
2011/06/07(火) 20:47 | URL | Juno #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ff35.blog72.fc2.com/tb.php/841-c13fed85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。