ゲームや漫画やゲームサントラのレビューのようなものの寄せ集めブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
[タグ未指定]
上陸失敗!




PCエンジン界で人気だった「天使の詩」シリーズがスーパーファミコンに上陸。
PCエンジンで好評だったらCGアニメや、CD音楽はスーパーファミコンということで無くなってしまいましたが、それらを失って余りあるストーリーとシステムが……あったのかなぁ?

ストーリーはシリーズおなじみの人間の主人公と天使のヒロインの恋物語から始まり、大魔王をたおしていくもので、一応、過去PCエンジンで発売された2作品の続編となっていますが、ほぼオリジナルなので、過去の作品を未プレイでも問題ありません。

システムは、
・友好度システム
 モンスターと会話・交渉することでモンスターと仲良くなり、仲良くなった種族のモンスターとの戦闘を回避したり、戦闘中に加勢してもらったりするシステム
 女○転生??
 序盤で仲良くなったモンスターが後半で役に立つこともないので、それほど活用する必要性がない罠
・レベル底上げシステム(オートレベルアジャストメントシステム)
 イベントをクリアすると一定のレベルになるまでレベルアップします
 たとえば、Aというボスを倒すとレベルが7未満なら全キャラレベル7までレベルが上がります。レベル1だろうが5だろうが関係なくレベル7まで底上げされます。7以上なら下がることは無いのですが…。
 余計な経験値稼ぎなどが必要なくなる!との触れ込みでしたが、誰がプレイしても同じようなパーティーバランスになるので、このシステム自体が必要ないという罠。
・ヒロインアイテム化システム
 ゲーム終盤にパーティーに加わるヒロイン。 
 彼女は戦闘には参加できませんが、上記のイベントでレベルが上がり、ステータスも見ることが出来、装備も変更できます。移動中に限って言えば、他の仲間キャラと差がありません。で、何が出来るかといえば、その移動中に回復魔法が使えるので、移動中専用の回復魔法キャラとなるのです。ゲーム上の扱いはパーティーメンバーの一人なのですが、プレイヤーからみれば、宿屋で使用回数が回復する回復アイテムにすぎなくなります

などなど、かなり独特かつ、微妙なシステムが目白押しです。システムの呼び方は適当。

総評として、ゲーム自体は丁寧に作られているイメージがあるので、好印象。システムが目新しくないのがマイナスポイントでしょうか。


おまけ1
モンスター「ゴーレム」が「キャイーン」のポーズをしているのが笑えます
おまけ2
音楽は「スターオーシャン」「ヴァルキリープロファイル」でおなじみの桜庭統氏です。あまり知られていないのは、ゲーム自体がマイナーだからなのか、桜庭氏自体の黒歴史だからなのか…





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ff35.blog72.fc2.com/tb.php/91-12e55fc9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。