ゲームや漫画やゲームサントラのレビューのようなものの寄せ集めブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
[タグ未指定]
スウィートホームに続く、カプコンの伊丹十三作品ゲーム化シリーズ第二弾


スウィートホームのようなRPG要素はなく、普通のアドベンチャーゲームになってしまいました
映画と同じく、税務署調査官であるマルサの女となって、脱税容疑者を追い詰めていくのが目的。
普通のアドベンチャーゲームではあるのですが、映画のストーリーどおりに進んでいきます。

なにより驚くべくは、緻密なグラフィック。
宮本信子の顔をここまで再現できるなんて………。

ただ、当時の子供達に、この映画を見た人が何人いたのかが疑問。
大人には、なかなか認知度の無かったファミコンというおもちゃゆえ、ターゲット層がイマイチわかりません。
当時、子供であった僕も観たことがありませんでした。
マルサの女という映画は知ってましたけれども。



次は、是非とも「スーパーの女」のゲーム化を


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ff35.blog72.fc2.com/tb.php/93-39177904
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。