ゲームや漫画やゲームサントラのレビューのようなものの寄せ集めブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
[タグ未指定]
ファイナルファンタジーIIIファイナルファンタジーIII
(2006/08/24)
Nintendo DS

商品詳細を見る


ニンテンドーDSで大幅にリメイクされたFF3。




キャラクターに性格をつけたものの、ストーリーにほとんど変化なく、懐かしませていただきました。

感想としては……割と良かった。
不満も多少ありますが、好感を得た部分も多々あるのでプラマイゼロです
(む、これじゃ、ファミコン版をプレイした人はプレイしなくてもいいってことになるのか……)


以下、感想、思ったことの羅列。

・音楽は悪くないけれど浮いてる
・ジンの呪いのかかった村人を3D化するのは半熟英雄VS3D並みのギャグ ・隠しスイッチは近くによると光るぞ……っていうけれど見づらすぎる
・読み込み遅い………そのうち慣れるけれど
・都合の良いワープが続発……でも、クリスタルの力ということで全て解決させてる
・マップでプレイヤーの位置を表示するシンボルマークが、真女神転生の2Dマップ移動時のシンボルマークのパクリ
・序盤から敵が全体魔法を使いまくるので難易度がアップしている
風のクリスタルで「シーフ」のジョブが手に入ってしまう
 (本来は火のクリスタル)
おかげで「鍵」の存在価値が無い
 (元々、シーフのジョブ入手までの鍵のかかった扉に使うくらいしか役に立たなかった鍵が更に無駄に
・キャパシティポイントないのにジョブチェンジに制限をつけようとして変なシステムになってしまっている
 (キャパシティポイント制の方が分かりやすかったのに)
つるぎさきさんが居ないのは居ないで寂しい
ん?アイテムって捨てられないの?
 ……ってことはアイテムの持てる種類の数に限度ないの?
 ……ってことはデブチョコボ……いらな………。
・ガルーダがいきなり「攻撃」→「かみなり」の連続攻撃をしてきて、ジャンプする間もなく全滅しました。
・いくらなんでもそりゃ酷いだろ…と思って1レベルくらい上げて再戦したら、ジャンプ×4の1ターンで倒せました。
 何このバランスのとり方……。
・棒とか杖が強すぎる。
・最大で敵が3体しか出現しない……ので分裂敵のいやらしさがダウン。
・ファミコン版で欠点だった使えないジョブが多いのが修正されて、ラストバトルまで使えるジョブが増えた。
使えるジョブが増えたお陰で使えないジョブが際立ってしまったり
・ドーガがどんな形のモンスターなのかようやく理解できた
・何故かオーディンを倒してないのにエウレカでカタストが買えるんですけれど。
・ドーガが、最後に
(ルーネスに向って)「強き心
(アルクゥに向って)「やさしき心
(レフィアに向って)「愛しき心
(イングズに向って)「信じる心
「それらの心をもって戦うのだ…
なんてセリフをいいますが、FF5の風の探究心、水のいたわり、炎の勇気、土の希望……みたいなものなんでしょうか。
……ルーネス、アルクゥ、イングズはいいのですが、
「愛しき心」って、意味が違いませんか?
「愛する心」なら分かるけれど、これじゃどうみても、ドーガがレフィア(の心)を愛しく思っているとしか捉えられなくないですか?
・フレアの全体がけができなくなってる。
・ボスがサルの1つ覚えみたいに2回攻撃してくる
・召喚魔法のアニメーションが面倒で使わなくなった
・海底神殿あたりの風水師は異常。黒魔いらないよ。最後も黒魔いらないけど。
・賢者は他の魔法系ジョブに差をつけようと、やたらと素早さが遅くなってる……のはいいけれど、逆にそれを見越して、敵の攻撃が終わった後に全体回復が発動するようにコマンド入力できるので、それはそれで利点だったり
・ラストバトル曲は、「サントラでTheBlackMagesのアレンジ版ラストバトル曲を収録する」から、わざとしょぼめの曲を入れたんじゃないかと邪推。


参考になれば幸い。




アルティメットヒッツ ファイナルファンタジーIIIアルティメットヒッツ ファイナルファンタジーIII
(2008/10/23)
Nintendo DS

商品詳細を見る

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ff35.blog72.fc2.com/tb.php/98-3c3ff348
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。