ゲームや漫画やゲームサントラのレビューのようなものの寄せ集めブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
[タグ未指定]
ジキルとハイドと裁判員 1 (ビッグコミックス)ジキルとハイドと裁判員 1 (ビッグコミックス)
(2009/04/30)
森田 崇、北原 雅紀 他

商品詳細を見る


事件の真相を見る能力を得た裁判官が、裁判員制度を巧みに利用し、望みどおりの判決に導いていく……。
そんな裁判員制度を題材にした漫画です。



主人公の裁判官ジキルは、ひょんなことから、事件の真相を知る能力を得ます。
そこで、その能力を駆使して、冤罪や、殺人犯の無罪放免をなんとかして食い止めようと思い立ちます。
しかし、弁護士でも検事でも裁判長でもない、裁判官の主人公では、基本的に裁判の内容に口を出せません
そんな主人公の前に、都合よく始まった「裁判員制度」
「これなら、裁判官でも裁判員を通じて裁判に口が出せる!!」
この裁判員制度を利用し、言葉巧みに裁判員を導き、真相に基づいた判決を得ようと悪戦苦闘する……そんなストーリーになっています。


まず目を見張るのは、主人公がけしかける心証操作
裁判員は一般市民ですから、無罪になりかけている人間は無罪に見えますし、有罪になりかけている人間は有罪に見えます。流されやすい存在です。
そこから、有罪を無罪に、無罪を有罪に逆転しなくてはなりませんから、かなりの強引な手腕で裁判員の思考を変えていかなくてはなりません。
ある時は仕入れてきた情報で、ある時は話術で、ある時は罠をしかけ、ある時は真相をねじ曲げて……。
裁判員の心証を操作するためには、やりたい放題です。

しかし、そんな主人公のやりたい放題が野放しにされるはずがありません。
主人公のやりたい放題を制止する敵キャラたちが登場します
裁判官としての立場をわきまえさせようとする先輩や、
主人公の心証操作に流されず裁判員としてのあり方を見据えている裁判員。
本来なら、これが裁判官や裁判員の正しい姿なのですが……。しかし、主人公にとっては目の上のたんこぶです
裁判員の心証操作に加えて、こういった敵キャラをも心理戦や討論でねじ伏せていくところもまた、1つの見どころとなっています。

「裁判員制度」をテーマにした作品の中でも、かなり面白い部類の作品です。

更に、

「無罪は無罪、有罪は有罪」と真相に基づいた判決を得ようとする主人公。一方で、正しく公平な裁判を守ろうとする敵キャラ。どちらも正しい。「正義の敵はまた別の正義」を地で行くストーリーとか。

全体を通して、裁判官の心証操作で判決が変わってしまうような「裁判員制度」自体の問題性を定義しているとか。その上に、作中で「裁判員制度は失敗制度」と言及したりとか。

単純な娯楽としても楽しめる上に、考えさせられるところもある、深い作品です
玄人のひとりごと 南倍南勝負録  ビッグコミックススペシャル玄人のひとりごと 南倍南勝負録 ビッグコミックススペシャル
(1991/11)
中島 徹

商品詳細を見る


主人公の南倍南が、様々なところで玄人(プロ)らしく振舞うギャグマンガ。
玄人の立場から素人を見下し「けっド素人が!」といばるのがお決まりのパターンです。


ただ、主人公は、玄人であることに対して妙なプライドがあり
あまり詳しくない内容でも玄人ぶって素人をとぼしめたり、
自分よりももっと詳しい玄人が現れて対抗心を抱いたり、
玄人のこだわりが到底一般人に理解出来ない内容だったり、
と、玄人としての振る舞いがギャグにつながります


毎回このパターンのどれかなので、安心して読めます。特別面白いわけではありませんが、新聞の4コマ漫画みたいな安定感
1話4ページという短いページ数なので、雑誌で読むと、サラッと読めます。
1話完結なので、読み飛ばしても全く問題ありませんし
もっとも、コミックスでまとめて読む分にはしつこいかもしれませないので、毎日少しずつ読み進めていくのが良いかと思います

あと、もう1つ定番のパターンがあって、
年末に「その年の出来事を、麻雀と無理やり絡めて振り返る」というパターンがあります
これがもう無理やりなダジャレばかりのですが、年末にその年を振り返る漫画というのもなかなかないもので、読むと「あぁ、今年はこんなことあったなぁ」と思い返すことができます。
コミックスで読むと、「この年ってこんなことがあったんだ」というのがまとめて分かりますし。

このまま雑誌の片隅で、定番パターンを永遠に続けてくれる……と思っていたのですが、2010年から作者の中島徹氏が養生中で休載中となっています。
おかげで2010年を振り返る麻雀ネタが読めませんでした。「菅総理」と「槓」を絡めたネタが来ると予想していたのに……。
ぜひ、フェードアウトしないで帰ってきて欲しい。また、雑誌も、病気が回復した時まで帰ってこれる場所を残していてほしいです。
タオの緑 1 (少年チャンピオン・コミックス)タオの緑 1 (少年チャンピオン・コミックス)
(2001/11)
笠原 倫

商品詳細を見る



月刊少年チャンピオンで連載されたゴルフ漫画。


主人公のタオがゴルフと出会い、仲間と出会い、活躍していく感動の作品です。キャラクターの絵柄もかわいらしくてコミカルで……というか、連載された雑誌が間違っているとおもうのですが。コロコロとかに載ってそうな絵柄なんですけれど…。

まぁ、いいや。

 
さて、この物語、主人公・タオの小学生時代からスタートしますが、まず立ちはだかったのは名門ゴルフ中学校への特待生枠を争う入学試験
まぁ、ジャンプのゴルフ漫画・ライジングインパクトで言うところのキャメロン学園みたいなものです。

しかし、なんとここで主人公が不合格になってしまうところが、今までのゴルフ漫画に無い展開。

そこから、主人公の苦悩がはじまります。

ゴルフをするにはお金がかかるにも関わらず、主人公は貧乏人
さらに中学校にはゴルフ部もなければ、施設も無い。
劣悪な状況下にしかれた主人公。
ですが、ゴルフへの情熱を頼りに、部員を集め、部を作り、練習スペースを獲得し、バイトして……と、その難関をひとつひとつクリアし、最後には奇跡を巻き起こすのです!!
単なる力勝負のゴルフ対決ではなく、ちゃんとルールを踏まえた頭脳戦(というか卑怯技もでてきます。

打ち切りになったっぽいので、最後の急展開は、ちょっとご都合的ですが、それを補って余りある内容で、僕みたいな一般市民が生半可な気持ちでゴルフをプレイするものじゃないなぁと、思い知らされました。

とりあえず、全9巻なので、ゴルフ好きな方や、これからゴルフを始めようかと思う方、ゴルフをプレイするお金や時間が無いから気分だけでもという方、お勧めです。

ぜひ、ご利用ください。


ちなみに、主人公の得意技は100発100中のパター


で、最初の対決が、

 ドライバーの名手
    VS パターの名手(主人公)
       VS アイアンの名手の少女

の三つ巴になるんですけれど、これって偶然ですよね?
真・女神転生1・2コミック (アクションコミックス)真・女神転生1・2コミック (アクションコミックス)
(1995/02)
GGC

商品詳細を見る


その名の通り、真女神転生1と2のコミックアンソロジーです。


当時乱発されたアンソロジー本の1冊に過ぎませんが、このコミックの優れたところは、単純なゲームのコミック化にするわけではなく、「真女神転生1と真女神転生2の間の空白の時間」にテーマを絞ってショートストーリーを作り上げている点です
真女神転生1のエンディング後を真女神転生1のキャラクター中心に描いたり、
真女神転生2のプロローグ的な物語を描いたり、
うまく1と2をつなげたり。
その完成度はさておき、非常に上手い試みではありませんか
個人的には、真女神転生1のエンディング後にロウヒーローとカオスヒーローが再開するストーリーが一番印象的でした。
ちょっと良い話にまとめすぎな気もしましたが、これも1つのエンディングなんだということで。

ただ、そういった素晴らしい試みをぶち壊しにするのが、同時収録されたショートギャグ
雰囲気をぶち壊すのはギャグ漫画だから、まぁ許すとして、エンディングのネタバレをする始末
いいの??

良くこれを黙認したもんだアトラスは……。
ブリザードアクセル 1 (少年サンデーコミックス)ブリザードアクセル 1 (少年サンデーコミックス)
(2005/07/15)
鈴木 央

商品詳細を見る


フィギュアスケート物のスポーツ漫画。


主人公の北里吹雪は、家庭環境に恵まれず、喧嘩に明け暮れる毎日。
なぜ、喧嘩をするのか?それは彼が両親に愛されない反動から「人から注目を浴びたい」という想いが募り、喧嘩で注目を浴びようとしていたからであった。
しかし、そんな彼が出会ったのが「フィギュアスケート」……人々から注目され喝采を浴びるスポーツであるフィギュアスケートが彼の人生を変える……。



そんな話。
元は読みきり漫画でしたが、人気だったので、連載となりました。読みきり時代とは、タイトルである「ブリザードアクセル」の意味が違っていますが、読みきりの話を覚えている人もほとんどいないと思われますので、問題ないかと


さて、レビューに移りますが……。
成長スポーツ物としては、1つ1つ丁寧にエピソードが連ねられていて、
スポーツとの出会い、仲間との出会い、コーチとの出会い、ライバルとの出会い、トーナメントあり、団体戦あり、強敵あり、成長あり、ラブコメあり………。
スポーツ物として必要な要素はほとんどすべて注ぎ込まれています
もっとも、その分、従来のスポーツ漫画と一線を隔すほどのインパクトはありませんが、安心して読むことができます。

5巻くらいまでが神展開
ただ、それ以降はちょっとマンネリ気味になってしまいます。
というのも、フィギュアスケートというスポーツは、技術と表現のスポーツ。
表現は漫画的にも伝わりますが、技術というのはその凄さが漫画ではわかりにくい。
かといって、見た目に凄い技を連発すると、インフレになってリアリティに欠けてしまいますしね。

仕方ないので、高度な技術が出ると、解説の人が、その凄さを説明してくれます。
ただ、その説明も、
「これは非常に難しい技!!」
「こんな難しい技を使うとは……」
と、「難しい」「難しい」の連呼

それでは、凄さが伝わらないということで、
今度は、凄い技を見たライバルや観客が、オーバーなリアクションを取るのです
例を挙げるなら、顔が崩れたり、眉毛が伸びたり……。
アニメ版「ミスター味っ子」の「味皇」や、「焼きたてジャぱん」のリアクションを思い浮かべていただければわかりやすいかもしれません。
とにかく、リアクション重視のコメディ漫画になってしまうのです
これはこれでオリジナリティあるスポーツ漫画と言えるかもしれませんが、スポーツ漫画としての面白味とはかけ離れてしまう諸刃の剣。結局、その後、話は収束し、3年程度で連載は完結するわけですが、これは、作者の技量というよりも、フィギュアスケートという漫画としての表現が難しい題材に問題があったといえるでしょう
逆に、スポーツ漫画として成立させにくいフィギュアスケートという題材をここまで面白い長期連載作品に昇華させたことは賞賛に値するでしょう


パッと見は、その凄みがわからないかもしれませんが、かなりの大作だと思います。
ミスター味っ子2(8) (イブニングKC)ミスター味っ子2(8) (イブニングKC)
(2010/10/22)
寺沢 大介

商品詳細を見る


表紙の女の子の口裂けすぎ


この巻より、味王グランプリが本格開催!
予選大会ということで、様々な料理人が一堂に介しました。
初代「ミスター味っ子」のメインキャラクターたち、
「ミスター味っ子2」から新登場したキャラクターたち、
アニメ版「ミスター味っ子」からの電撃出演キャラクター、
打ち切り漫画「食わせモン」からの「お前だれだっけ?」的な友情出演キャラクター

と、豪華出演陣。
ミスター味っ子オールスターズによる料理勝負が行われます。
願わくば寿司職人とかも出て欲しかったですけれど……まぁ彼は嫁とよろしくやってるか。

内容も、こういったシリーズ物の面白さを的確に抽出したクオリティの高いものになっていて、出演陣の豪華さに負けていません。
主人公たちの成長、旧世代から新世代へのバトンタッチや、陰謀めいたもの、強大な宿敵など、ドラマ性も申し分ありません。
今、続きが気になっている漫画ベスト3に入っています。掲載誌のイブニングの発売日がイマイチよくわからないけど。

超オススメですが、この巻を存分に楽しむためには、ミスター味っ子1全巻とミスター味っ子2の既刊および、アニメ版ミスター味っ子全話、他の寺沢作品もろもろの読破が必要になってくるので、非常にハードルは高いです
ラーメン発見伝 26 (ビッグコミックス)ラーメン発見伝 26 (ビッグコミックス)
(2009/09/30)
久部 緑郎

商品詳細を見る


ラーメンオンリーで26巻。
ラーメン漫画堂々の完結です。


この漫画の魅力は、料理漫画にありがちな「料理対決」や「料理批評」「名店巡り」だけでなく、ラーメン店の経営問題にスポットを当てているところでしょう。
流行に流されるなとか、客席の造りはこうした方がいいとか、コショウを出すなとか
まるで、これからラーメン店を出そうとする人にアドバイスをしているようです。
ただの文章のアドバイスにするなら、ラーメン経営読本に過ぎませんから、
それをストーリーで仕立てて、ラーメン経営に興味のない人も楽しめるようにしているのが、この漫画なのです。

また、登場キャラクターも魅力的。
主人公からして、表は一介のサラリーマンに過ぎないけれど、裏はラーメン好きからラーメン創作にふけり脱サラ開業を目指している……けれども、まだまだ未熟で学ぶことが多く、成長の伸びしろを残している。そして、正義感もあるし、お人好し。なんて、好意を持ちやすいキャラクターだし、
ライバルも、イヤミで主人公にちょくちょくちょっかいを出してくるけれど、ラーメン店としての腕や、ラーメン店の経営の手腕は超一流。なんて、強敵としてふさわしい位置付け。でも、部下に恵まれていなかったり、うっかりして勝負に負けたりで、妙に憎めないキャラクターになっているのが上手い

この二人を中心にストーリー展開していく訳ですから、面白くないはずがない。

もちろん脇を固めるキャラクターも個性的で飽きさせません。女性キャラの顔のパターンが少ないのはご愛嬌


途中でうどん探求に足を運んだり國分太一主演でドラマ化された時は、どうなることかと思いましたが、杞憂でした。
ラーメン一筋でネタ切れすることもなく26巻も連載を重ね、それでいて、最後は26巻分の集大成となる見事な結末でした。
最後まで名作だったと思います。
お疲れ様でした。


なお、この作品が完結して間も無く、同じスタッフで、新たな漫画が始まりました。
題材は……ラーメン!

ま た ラ ー メ ン か !

またネタ切れを心配する日々がはじまるよ!
金田一少年の事件簿File(20) (講談社漫画文庫)金田一少年の事件簿File(20) (講談社漫画文庫)
(2005/04/12)
さとう ふみや

商品詳細を見る


case1「魔犬の森の殺人」について

ネタバレとまでは言いませんが、トリックの評価や登場人物への言及があるので未読の方はご注意を。




個人的には、漫画版「金田一少年の事件簿」で一番好きな事件です

まず、ストーリーで、読者を裏切ってくれます。もちろん、良い意味で。
コナンでは真似できない、思い切ったことを平然とやってくれる……そこにしびれます。あこがれます

そして、トリックに関しては、冷静に考えると、そりゃあ酷いものです
漫画ならではのご都合主義で現実味がちっともありません
これほど杜撰で偶然に助けられ、ファンタジーに包まれたトリックはシリーズでも稀です
ただ、そんな微妙なトリックでも、「謎は…すべて解けた…」「犯人はこの中にいる!」という金田一スタイルを用いると、もっともらしく見えるから不思議

さらに、今回の事件に、特別出演してくれた「世界のナベアツ」を特別扱いせずに、容赦なく殺害するあたりも、実に「金田一少年の事件簿」らしい


とまぁ、色々な要素がありまして、
金田一少年の事件簿 を象徴するにふさわしい、事件だったと思います。
クソゲー戦記 (アスキーコミックス)クソゲー戦記 (アスキーコミックス)
(1994/12)
渡辺電機

商品詳細を見る


この漫画は、クソゲーRPGの世界を舞台とした、ギャグ漫画。ファンタジーRPGの世界をわざとパロディとして笑いを取るタイプで、ファンタジーRPGへのアンチテーゼとも言える内容となっています。


例えるなら、エニックスの魔方陣グルグルなどと同じタイプですが、こちらの方がはるかに毒が強いです
「18禁ゲームってのはなぁ、18才未満のガキどもがプレイするから18禁なんだよ、18歳越えちゃうとプレイしなくなるからね。」
なんて感じの台詞とか。

そのほか、作者の「こんなゲームはクソゲーだ」
・パーティープレイヤーが便意をもよおす
・いきなりラスボスが出てくる

など、作者のクソゲー感も見て取れるので、二重に楽しめます。

あと、作中に出てくる実在のゲームのタイトル(大抵は伏字が使われてますけれど)が妙にマニアックで更にツボにきます。

やれ、ファイナルファンタジー3だの、
やれ、ワルキューレだの、
やれ、ゆうゆだの、
やれ、ゼロヨンチャンプだの。

ゼロヨンチャンプには参りました。 こんなPCエンジンのマイナータイトルまで出てくるとは…。



とりあえず、ファンタジーRPGが好きなら読んでおこう。
大食い甲子園 1巻 (ニチブンコミックス)大食い甲子園 1巻 (ニチブンコミックス)
(2010/10/08)
土山 しげる

商品詳細を見る


土山しげるの最新作。
大ヒットフードファイト漫画「喰いしん坊」に続く大食い漫画です。


かつては名門だったが、今では廃部寸前の岡山桃太郎高校の「大食い部」に新監督が入り、部員を集めて「大食いの全国大会優勝」を目指す……そんなフードファイトストーリー……なのですが。
スポーツ漫画の「スポーツ」のジャンルを「大食い」に変えただけの地味なストーリー
確かにフードファイトの姿は見ていて楽しいですが、特にインパクトのある食べ方や、大食い必殺技が飛び交うわけでもないので、バトル描写も地味です

なんで舞台が岡山なのかもサッパリわかりません。作者の土山しげるは北陸の出身で岡山に縁もゆかりもないはずなのですが……。
岡山らしさもほとんどなく、岡山城が無理やり引っ張り出されるくらい
ラーメン勝負だったり、おにぎり勝負だったりで、名産品を登場させるようなこともありません。
土山しげる先生の気まぐれですか……?

民明書房ばりのインチキ参考文献なんかも出てきますが、妙にオリジナリティを入れたおかげで、パロディ元より質が低く、パロディとしても微妙平松伸二くらい堂々とパクっていれば印象も違ったのでしょうが
どうも突っ切れていない感じです。

とまぁ、散々苦言を申してきましたが、期待はしています。
今のところは、まだ部員集めの段階ですし、「よしっ!胃祭り(血祭り)にあげてやる!」などの名セリフも登場し、徐々に土山的な「勢いだけのムチャクチャなストーリー展開」も見え始めてきて一安心。
これから面白くなってくれるはず。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。